Brilliant Knowledge United ミャンマー人材紹介~エンジニアから技能実習生まで~

ミャンマー基本情報

ミャンマーの基本情報

  • 面積:日本の約2倍
  • 人口:約6000万人
  • 首都:ネーピードー
  • 民族:135民族から構成
  • 宗教:仏教
  • 識字率:93.1%
  • 平均年齢:27.9歳
  • 平均年収:26.4万円
  • GDP成長率:6.5%

ミャンマーについて

治安が良い

ミャンマーの治安は非常に良いです。フィリピンやタイに比べて間違いなく良く、日本と比べても同等かそれ以上に良いかもしれません。女性であっても夜中に一人で外出できます。実際に弊社スタッフも数年間ヤンゴンで生活しておりますが、一度も危ない目に遭っていないどころか、そういった雰囲気さえも感じたことすらありません。それほどミャンマー人は温厚で、こちらからよっぽど非礼なことをしない限りは生活・滞在になんの心配も必要ありません。
また、昨今ではロヒンギャ問題が盛んに報道されておりますが、それは国境付近だけの話であり、都市部での生活ではまったく影響がありません。

物価は日本の三分の一

ミャンマー人の月収は2万円程です。つまり日本の給料の10分の一ですが、物価はたかだか三分の一です。コーラは40円、一般的なレストラン1食300円、タクシー初乗り150円です。給料に比べて物価が高く、生活は楽ではない現状です。
そういった背景もあって外国語を学習し、海外で働きたい優秀な若者が多くいます。そのためヤンゴンにはいたるところに外国語学校があります。

日本語が一番?!

実はミャンマーで外国語を習うと言えば、日本語が一番目の候補に上がります。なぜ英語ではないのか?理由はミャンマーで日本帰りの社長が多いためです。日本がアジアの中で一番の経済大国だった頃、ミャンマーは政治的に不安定な時期でした。多くの若者が留学や就労で日本へ来日し、彼らが日本の技術やビジネス方式をミャンマーに持ち帰り、社長として成功した例が多いのです。実際に我々もミャンマー人社長にあうと、「昔、日本で働いていました」なんて方に何度もお会いしています。
そういった姿を見た若者が日本へのあこがれを持っているのです。
その証拠にヤンゴンにある外国語大学で一番難易度が高いのは日本語科になっています。

ロヒンギャ問題について

日本では盛んに報道されているロヒンギャ問題についてですが、少なくとも弊社の拠点であるヤンゴンでは全く何の影響もありません。ロヒンギャが問題となっているエリアとヤンゴンは、直線距離にして500~600kmほど離れています。また、仏教とイスラム教の対立が問題の原因と言われておりますが、宗教が原因ではなくそこに住むラカイン人の独立したがりの性格が災いの元であるということが、ヤンゴンに住むミャンマー人の一般的な認識です。そもそもこれはミャンマーの問題では無いとさえ言い切るミャンマー人も少なくありません。日本人からは考えにくいことですが、少数民族の集合体であるミャンマーは民族間の対立が未だ残っており、上記のラカイン人はヤンゴンの日本語学校に入学を許されない例もあります。

ミャンマーへの飛行機便について

■他国経由便の場合
タイやベトナム、フィリピンなどを経由します。
乗り継ぎの時間を入れておよそ半日程度で到着します。
・手荷物預け無しのバックパックスタイルで最安往復5万円程度
・手荷物預け有りで7万円程度
■直行便の場合
一日1便、成田発ヤンゴン着でANAの直行便が出ています。
日本時間11時発・現地時間16時半の計8時間のフライトです。
・エコノミークラスの場合、往復10万円程度
・ビジネスクラスの場合、往復22万円程度
※上記金額は予約時期によって異なりますので事前にご確認ください。

ミャンマーのホテルについて

1泊5000円程度でWifi有りなど十分設備の整ったホテルに宿泊可能です。
(ベッドもありますし温水シャワーも出ます。虫は出ません)
また、20000円以上の高級ホテルもありますし、数百円ー数千円程度のゲストハウスもあります。
ご希望の予算やプランがございましたらご相談ください。

コンセントについて

ミャンマーはコンセントプラグの規格が統一されておらず、ありとあらゆる種類のコンセントが混在しておりますが、基本的に日本と同タイプのもので問題ありません。
従って、変圧器や変換プラグをご用意いただく必要はありません。
どうしても不便があった場合、すぐに必要な変換プラグを格安で購入可能ですのでご心配無用です。


ミャンマー人の特徴

○簡単な英語がしゃべられる
○温厚な性格で協調性がある
○年上や目上の人を敬う
○向上心が強い
○親日家が非常に多い
△1 家族との絆が非常に強い
△2 周りの意見に流される
△3 寂しがり屋
✕人前で注意されることを嫌う

欠点はありますが、総じて日本文化とは相性の良い性格です。


△1 家族との絆が非常に強い

○メリット:日本で働いても家族からのサポートは手厚く、心の支えとなります。
✕デメリット:想像以上に絆が強く、仕事に影響する可能性があります。

【実例】
日本に28年滞在し、日本で骨を埋める覚悟でいるほどの親日家だが、
母親が病気で帰国せよとの連絡。
一旦帰国し様子を見てから日本に戻る選択肢があるにも関わらず、
日本での生活を捨て帰国してしまう。

家族にトラブルがあった場合、出来るだけ詳しく状況を聞き
本人の希望について具体的に話しあい、今後の方針を相談してサポートいたします。


△2 周りの意見に流される

○メリット:会社の方針や上司の指示に素直に従ってくれる。
✕デメリット:誰かが言っていた/ネットで見た自分に都合の良い情報を鵜呑みにする。

【実例】
Facebookの偽求人(月給30万円以上)に騙され日本で転職したが、
実際は手取り6万円で帰国を決めた。

外国人は玉石混交の情報を日頃より共有しています。
正確な情報共有と信頼関係の構築をお願いしております。


△3 寂しがり屋

✕デメリット:幼少より大人数に囲まれて生活しているのでホームシックにかかりやすい。
○メリット:飲み会・社員旅行など昨今の日本人が敬遠するイベントが大好きで
社内活性化に繋げられる。

【実例】
とある在日ミャンマー人は上司に「みんなで社員旅行に行きたい!」と直談判した。
ミャンマーでは、社員旅行や飲み会がある会社は、福利厚生が充実していると見なされ
とても魅力的な会社として評価されます。

飲み会・社員旅行に限らずミャンマー人は催し物が大好きです。
彼らとのコミュニケーションを通じて会社の一体感・連帯感が生まれる可能性があります。



ミャンマー人との付き合い方

キーワード:家族のように/親友のようにコミュニケーションを取る

・会社で飲み会を開く
・社員旅行やイベント(ボウリング・カラオケ、BBQなど)を開く
・自分の家に招く
・ミャンマー人スタッフの家に遊びに行く
・土日に観光やイベントに誘う
・Facebookで友達になる
・Facebookの投稿にいいね!をつける、コメントする。
・LINEやMessengerで日本語メールでやり取りする
・仕事や日本の文化について腹を割って話す
・ミャンマー文化について教えてもらう
・ミャンマー語を教えてもらう
・社内の挨拶だけミャンマー語にする(おはようございます=ミンガラーバー)
・ミャンマーの家族の話を聞く
・ミャンマー料理を振る舞ってもらう  などなど…

ミャンマー人スタッフのパフォーマンスを上げ、帰国・転職リスクを抑えることができます。

お問い合わせはこちら ≫

  • 人材送出しライセンスNo:33/2017(Rakhita co.,ltd)
  • Mail : info@brilliantknowledge.space
  • TEL:+95-979510932
  • Skype ID : jh8dhv
  • LINE ID : jh8dhv
  • Address:No.(20/C), Room(3/A), Za Lun Street, San Chaung Township, Yangon
PAGE TOP