ミャンマー人材採用のメリット

1.ハングリー精神が強い

これからに注目されるミャンマーですが、足元の経済状況は思わしくありません。
ミャンマー国内において最も繁栄しているヤンゴン市内でも、
大学新卒で月給は2~3万行けば良い方で、
地方都市にもなると、より安い給料で働くしかありません。
従って海外で働くことを夢見る若者が多いのです。
タイやマレーシア、シンガポール等ににエンジニアや作業者として
渡航する人材も多くおりますが、
彼らの多くにとって一番の憧れの国は日本です。
なぜなら、ミャンマーで成功されている社長は日本語を話せることが少なくなく、
それはかつて日本がアジアで一強であった時代に日本に来てアルバイトをして、
その資金でミャンマーで起業した人が多いからです。
昨今、ミャンマーでは日本語学習熱が益々高まっておりますが、
他国に比べ日本への送り出し機関の少なさから、少ないイスを争っている状況です。
若く優秀でハングリー精神の旺盛なミャンマー人材は、今か今かとそのチャンスをうかがっております。

2.日本語の上達が早い

公用語であるミャンマー語は、日本語と文法が全くと言っていいほど同じです。
助詞の「て・に・を・は」に相当する単語もあるほどで、
そのためミャンマー人の日本語習得のスピードは他国に比べて早いことが魅力です。
両親がミャンマー人の森崎ウィンも、来日したのは小学4年生の頃ですが
今ではとても上手な日本語を話すことができます。
逆に、在ミャンマー日本人にとっても、語順が逆である英語を話すよりも、
ミャンマー語を話す方が圧倒的に脳が疲れないことが実感できます。
もし仮に、面接時に少し日本語が心配だなぁと思われた場合でも、
想定よりも早く日本語能力が上達することがミャンマー人材の強みです。

3.他者を思いやる気持ちが強い

経験な仏教国であるミャンマー人ですが、
仏教の教えに従って他人を思いやる気持ちがとても強いです。
他人と争うことを好まない温厚な性格で(押しの弱さが時として心配になることもありますが)
協調性があり、年上や目上の人を敬うという気持ちを持っています。
年上のみならず、小さい子どもへの面倒見もとても良く、
小さな子どもをもつ親としては、日頃からとても助けて頂いております。
仕事のみならず日常生活においても、損得勘定抜きに他人を助ける気持ちが強いです。

Brilliant Knowledge United の ページが移動しました。
移転先
PAGE TOP